2016年8月4日木曜日

pygletのインストール

環境:Windows7 64bit


まずはPythonが入ってないのでインストール。

https://www.python.org/
ここから64bit版のものをダウンロード。

Python3.5.2の「Windows x86-64 executable installer」というのがそう。

普通にインストールするとユーザーディレクトリにインストールされた。
こんな所にインストールされるのか・・・。
こんな所「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Programs\Python\」
AppDataは隠し属性になっているので見えるようにしておく良いとおもう。
パスも通してくれるのでもうこの状態でコマンドプロンプトで「python」と打てば実行できる。


次にpygletのインストール。
https://bitbucket.org/pyglet/pyglet/wiki/Home

コマンドプロンプトから「pip install pygletl」と打てばインストールされる。
管理者権限で実行しなくても問題なかった。
おそらくPythonがProgramFileにインストールされている場合は管理者権限で実行しないとだめなんだろう。
インストール先
「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Programs\Python\Python35\Lib\site-packages\」


AVbinをインストール。pygletでメディア関連のファイルを開くときに必要?
http://avbin.github.io/AVbin/Home/Home.html
最新の64bit版をダウンロードしてくる。

実行するとこんなログが出ていた。
Extract: C:\Windows\system32\avbin64.dll
Error creating: C:\Program Files\AVbin\AVbin10-win64-uninstaller.exe
Completed
アンインストーラーのインストールに失敗したようだが、まぁ気にしない。


pygletのサイトからドキュメントもダウンロードしておく。
ドキュメントのexamplesフォルダにサンプルが入っているので適当に実行してみる。
問題なく実行できれば正常にインストールされているだろう。


正常にインストールされたのを確認できた。
だが、まだしばらく使わないのでこのまま寝かせておく。

0 件のコメント: